体の不調でパフォーマンス低下、意識調査の結果は?

%e4%bd%93%e3%81%ae%e4%b8%8d%e8%aa%bf%e3%81%a7%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9%e4%bd%8e%e4%b8%8b%e3%80%81%e6%84%8f%e8%ad%98%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康改善によって従業員の仕事パフォーマンス向上させようとするのが健康経営だ。今回は意識調査の結果を紹介する。

%e4%bd%93%e3%81%ae%e4%b8%8d%e8%aa%bf%e3%81%a7%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9%e4%bd%8e%e4%b8%8b%e3%80%81%e6%84%8f%e8%ad%98%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c

体の不調でパフォーマンス低下、意識調査の結果は?

企業の健康経営支援などを手がけるティーペック株式会社(東京都台東区 代表取締役社長 砂原健市)は、企業に勤務している会社員1,500名を対象に、仕事のパフォーマンスと健康に関する意識調査を実施した。

調査では、出社していても体の不調によって仕事のパフォーマンスが低下することがあるという会社員が多く( 1年に1日以上=71.1%)、週1日以上という回答も3人に1人(30.1%)だった。日頃の体の不調により生産性が低下するケースが多いことがわかった。

■病欠に関する調査
・自分の病気で休む(年間1回以上) 20代=45.1% 30代=45.6%
・自分の病気だけでなく、家族の病気が原因で休むという回答も多い(11.1~13.5%)ため、家族単位での健康管理が重要であるといえる。

近年、病欠とは異なる労働損失として、出社していても何らかの健康問題によって業務効率が落ちている状況(=プレゼンティーイズム)の対策が注目を集めている。
今回の調査を通じて、出社しているからといって健康な状態とは限らず、体の不調が原因で生産性が低下しているケースが多いことがわかった。また、本人のみならず、家族の健康が原因で休むケースも多いことがわかった。健康経営(R)をより効果的に取り組むためには、様々な体の不調や家族を含めた健康管理に着目する必要がありそうだ。

 

引用元:http://www.jiji.com/jc/article?k=000000013.000002798&g=prt

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …