未病の見える化、「ME─BYO ハウス・ラボ」とは?

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康経営とも深く関係する未病。今回はその見える化のための研究の紹介だ。

 %e6%9c%aa%e7%97%85%e3%81%ae%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e5%8c%96%e3%80%81%e3%80%8c%ef%bd%8d%ef%bd%85%e2%94%80%ef%bd%82%ef%bd%99%ef%bd%8f-%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%80%8d

未病の見える化、「ME─BYO ハウス・ラボ」とは?

神奈川県と慶應義塾大学SFC研究所は、来年1月から県民を対象に、SFC内の住宅「ME(みびょう)─BYO(みびょう)ハウス・ラボ」での宿泊を通じて、身体データを収集・分析する実証実験を開始する。病気の一歩手前の状態である「未病」を”見える化”できるかを検証していく。

県は「家」を健康管理の重要な場としてとらえ、日々の体調変化や病気の予兆をさまざまなセンサーや機器を通じて、早期に発見する仕組みづくりを目指している。昨年から慶大と連携し、宿泊した県職員や学生約70人のデータを取得し、結果をまとめてきた。

慶大の実証実験用施設を活用した未病ハウスには、各メーカーの血圧計や体重・体組成計、寝返りを計測する機器などを設置。宿泊期間中、居住者は普段通り食事や団らん、外出、入浴、睡眠を行いながら、各種機器での計測を行う。朝晩の血圧・体重計測のほか、活動量計の装着、排便時の二酸化炭素量を計測するトイレの利用、睡眠時の心拍や呼吸、寝返り回数を測るベッドで身体データを総合的に管理することで、未病の兆しを可視化できるのかを検証するという。洗面台の鏡「スマートミラー」には数値のほか、「血圧が高めです。食事に気を付けましょう」などシステムによるアドバイスが表示される。

システムの開発に取り組む慶大環境情報学部の植原啓介准教授は、「本来であれば2泊3日ではなく、1年前の自分と比較できるのが望ましい。しかし、日々の生活をデータで振り返るきっかけになれば」と話す。

 

未病の見える化には、IOTとの関わりが不可欠である。また、その測定にあたって効率的な測定方法のシステム開発が必要だ。本実験を通じてより多くの人々が効率よく未病対策を行えるようなシステムが作られることを期待したい。

引用元:http://www.townnews.co.jp/0601/2016/12/09/361356.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …