平成29年1月1日開始、セルフメディケーション税制について

%e5%8e%9a%e7%94%9f%e5%8a%b4%e5%83%8d%e7%9c%81
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人に向けてのセルフメディケーション税制が平成29年1月1日より始まる。

 %e5%8e%9a%e7%94%9f%e5%8a%b4%e5%83%8d%e7%9c%81

平成29年1月1日開始、セルフメディケーション税制について

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

 

概要

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組(※1)を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(※2)の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する。

(※1)特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診

(※2)要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品(類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものを除く。

(注)本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けることができない。

 

 

対象となる医薬品

スイッチOTC医薬品の成分数:82(平成27年12月1日時点)-対象となる医薬品の薬効の例:かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬
(注)上記薬効の医薬品の全てが対象となるわけではない

 

健康寿命や国民医療費の軽減を掲げる厚生労働省から新たな税制が発表された。これを機にうまくOTC医薬品を利用し、自分の健康はできるだけ自分で治していくように意識を変えていこう。そのためには、日頃から健康状態の見える化を行っておくことが重要だ。

 

引用元:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …