世界的に禁煙ブーム広がる

%e4%b8%96%e7%95%8c%e7%9a%84%e3%81%ab%e7%a6%81%e7%85%99%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%ba%83%e3%81%8c%e3%82%8b
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康経営のための取り組みとして行われことが多い禁煙対策。世界的にも非常に高い効果が出ているようだ。

%e4%b8%96%e7%95%8c%e7%9a%84%e3%81%ab%e7%a6%81%e7%85%99%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%ba%83%e3%81%8c%e3%82%8b

世界的に禁煙ブーム広がる

世界的なタバコ規制プログラムは、2008~2014年に88カ国5300万人の禁煙を助けたことが、米ジョージタウン大学ロンバルディ総合がんセンター(ワシントンD.C)腫瘍学教授のDavid Levy氏らの研究で示された。

この喫煙率低下により、対象の国々で2200万人以上の生命が救われたことになるという。今回の研究は、2005年に始まったタバコの規制に関する世界保健機関の枠組条約(WHO FCTC)の影響をレビューしたもの。2015年時点で186カ国がこの枠組みを承認しており(米国は承認していない)、88カ国以上がその政策の1つ以上を発効していた。

禁煙に有効な対策として、同氏らの推定によれば、高いタバコ税が700万人、禁煙法が540万人、健康被害警告が410万人、販売禁止が380万人の生命を救うことに有用であり、禁煙への取り組みは150万人の生命を救うことに寄与したという。この数字は、バングラディッシュ(健康被害警告、高い税)、ロシア連邦(禁煙法、広告の制限)、ベトナム(健康被害警告)で最近、政策が実施されたことで高まったという。

Levy氏は、「今回の結果は、効果が証明されているタバコ規制政策を実施することで、何百万人もの生命を救える持続的かつ大きな可能性があることを示している」と述べている。本研究は、「Tobacco Control」オンライン版に12月12日掲載された。(HealthDay News 2016年12月12日)

 

ご存知の通り禁煙は健康に非常に貢献する要素の一つだ。まずは減煙から会社として取り組んでみてはいかがだろうか?

引用元:http://news.e-expo.net/world/2016/12/post-114.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s
ニュース
「岡山市ホワイトプラス企業表彰制度」今年度から

Pocket毎日健康経営ニュース    岡山市は11日、健康経営やワークライフバランスに関 …

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …