ケールを食べて血糖値コントロール

%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%a6%e8%a1%80%e7%b3%96%e5%80%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

最近、血糖値のコントロールの重要性が見直され注目が集まっている。今回はケールの血糖値抑制効果について紹介する。

 

%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%a6%e8%a1%80%e7%b3%96%e5%80%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab

ケールを食べて血糖値コントロール

ケール(Brassica oleracea var. acephala)とは、南ヨーロッパ原産のアブラナ科でキャベツやブロッコリーの原種にあたり、β-カロテン、ビタミン C、カルシウム、ルテイン、葉酸、そしてミネラルを豊富に含んでおり栄養価の高い緑黄色野菜である。海外では葉物野菜として広く消費されているが、日本では青汁などの健康食品として野菜不足解消や健康維持を目的に利用されており、生活習慣病等に関する研究も行われているという。

生活習慣病の一つである糖尿病は、正常であれば食後に高くなり空腹時には低下する血糖値が、空腹時も高い状態のままとなるもので、糖尿病予防のための血糖値コントロールが着目されている。特に、食後に血糖値が急激に高くなる状態(食後高血糖)が糖尿病へ進展するリスクになると言われており、最近では食事の際に野菜を先に摂取するなど、食後血糖値の急激な上昇をコントロールすることが着目されている。

キューサイは、ケールの健康効果の検証として、血糖値が高めの方を対象とした食後血糖値に対する効果を検証し、ケールの摂取が食後血糖値の上昇を抑えることを確認した。

検証の結果、ケール粉末を摂取した人の食後血糖値の上昇は、プラセボを摂取した方と比較して、摂取60分後において有意に抑制された。また、摂取後2時間の血糖 AUC値はプラセボを摂取した人と比較して、有意に抑制されたという。

ケール粉末は血糖値が高めの人の食後血糖値の上昇を抑制することが分かり、その有効量は7 g以上であることが確認された。また、そのメカニズムはケールに含まれる食物繊維による糖の吸収抑制作用であると考えられるとしている。

 

シリコンバレーでは仕事のパフォーマンス向上のために血糖値のコントロールを行う人も多いとか。普段から少しでも血糖値を意識した食事を取り入れてみると健康だけではなく仕事にも良い影響がありそうだ。

引用元:http://www.zaikei.co.jp/article/20161224/344279.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …