甘酒で腸管バリア機能向上!

%e7%94%98%e9%85%92%e3%81%a7%e8%85%b8%e7%ae%a1%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%a9%9f%e8%83%bd%e5%90%91%e4%b8%8a%ef%bc%81
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

お正月といえば飲む機会も多い甘酒。今回はその意外な効能を紹介する。

 

%e7%94%98%e9%85%92%e3%81%a7%e8%85%b8%e7%ae%a1%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%a9%9f%e8%83%bd%e5%90%91%e4%b8%8a%ef%bc%81

甘酒で腸管バリア機能向上!

“飲む点滴”ともいわれている甘酒は、美活にぴったり。多くの芸能人も甘酒を愛飲しているという噂。

さらに、甘酒には美容だけではなく、ダイエット・健康効果もあるのだとか! 朝晩が冷え込むこの季節には、温かい甘酒を飲んで心と体を癒したいもの。

米麹でつくられる甘酒には疲労回復や美肌を助ける必須ビタミンB群、満腹中枢を刺激し暴飲暴食を防ぐブドウ糖、リパーゼという脂肪を分解する酵素が含まれています。そのため、甘酒には美容・ダイエット・健康効果があるといえるのです。さらに、森永製菓が行った研究では甘酒の主原料である酒粕と米麹には、“腸管バリア機能”を向上させる働きがある可能性が示されました。

腸管バリア機能とは、体にとって有害な細菌や毒素などを排除する小腸の大切な機能。また、体を守る腸管バリア機能には、腸管粘膜層の主要成分であるムチンによる物理的バリア機能があります。ムチンは腸では主に杯細胞で生まれるもので、細胞を保護し病原菌や毒素から組織を守る役割を担っています。

腸管バリア機能の低下は加齢や過剰なアルコール・糖分の摂取、ストレス、不規則なライフスタイルなどが原因と考えられています。新年会などイベントが続く時期は、腸管バリア機能が衰えてしまいがちなので注意しましょう。

 

引用元:https://news.biglobe.ne.jp/trend/0101/brg_170101_9674943052.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s
ニュース
「岡山市ホワイトプラス企業表彰制度」今年度から

Pocket毎日健康経営ニュース    岡山市は11日、健康経営やワークライフバランスに関 …

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …