慢性閉塞性肺疾患、認知度低下続く

%e6%85%a2%e6%80%a7%e9%96%89%e5%a1%9e%e6%80%a7%e8%82%ba%e7%96%be%e6%82%a3%e3%80%81%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e5%ba%a6%e4%bd%8e%e4%b8%8b%e7%b6%9a%e3%81%8f
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康経営でまず最初に取り組まれることが多い喫煙。その影響による慢性閉塞性肺疾患の認知度の低下が続いているという。

 

%e6%85%a2%e6%80%a7%e9%96%89%e5%a1%9e%e6%80%a7%e8%82%ba%e7%96%be%e6%82%a3%e3%80%81%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e5%ba%a6%e4%bd%8e%e4%b8%8b%e7%b6%9a%e3%81%8f

慢性閉塞性肺疾患、認知度低下続く

長期の喫煙などにより肺に慢性的な炎症ができる慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)の認知度が下がり続けている。禁煙で予防でき、認知度を上げれば発症者を減らせるとして、厚生労働省は2012年に認知度80%を目標に掲げ対策に乗り出したが、16年12月時点での認知度は25.0%と3年連続で低下した。啓発団体は早急な対応を呼び掛けている。

 COPDの知識の普及に取り組む、世界的ネットワークの日本法人、一般社団法人「GOLD日本委員会」(代表理事・長瀬隆英東京大教授)が毎年12月にインターネットで男女1万人を対象に調査を実施。COPDについて「どんな病気かよく知っている」か「名前は聞いたことがある」と回答した人の割合を合計して認知度としている。
 

認知度は11年に25.2%だったが、厚労省が12年に国民的な健康作り運動「健康日本21(第2次)」で、がん、循環器疾患、糖尿病に次ぐ第4の生活習慣病に位置づけ、啓発に取り組んだことなどから13年には30.5%まで向上した。しかし、その後は年々低下し、16年は「どんな病気か知っている」とした人は9.0%、「名前は聞いた」人は16.0%の計25.0%にとどまった。健康日本21は、22年までに80%に向上させることを目標にしているが遠く及ばない。

COPDはせきやたん、息切れなどが主な症状だが、徐々に呼吸障害が進行し重症化する。人口動態統計によると、15年に1万5749人が死亡しており日本人の死亡原因の第10位になっている。原因の約9割は長期の喫煙で、喫煙者の約2割が発症するとされる。禁煙で予防でき、薬物による治療も可能だ。

同委員会は「重症化すると日常生活にも著しい障害を及ぼすため、早期に発見して治療を始めることが重要だ。早急に国を挙げて新たなアプローチで認知度向上に取り組むことが必要だ」と訴えている。

引用元:http://mainichi.jp/articles/20170104/k00/00m/040/064000c
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

53ecbddea297a3a7224b7800f26284b5_s
ニュース
大和ハウス、正月三が日の営業休止

Pocket 飲食、小売業界で正月休業の動きが広がる中、大和ハウス工業が11月下旬、2018年の正月 …

5e89bcfa03eed57a1a663f7023e6dcf2_s
ソリューション
「丸の内タニタ食堂」リニューアルオープン

Pocket 健康計測機器メーカーのタニタ(東京都板橋区)の社員食堂と同じメニューを提供する「丸の内 …

b6abd4b4565b6dd75e381a129a57b1e3_s
ニュース
埼玉の企業、8割が「健康経営」を認識

Pocket 社員の健康管理で生産性を高める「健康経営」の考え方が埼玉県内の企業に浸透してきた。埼玉 …