健康常識がなくなり始めた現代人

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e5%b8%b8%e8%ad%98%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8a%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%9f%e7%8f%be%e4%bb%a3%e4%ba%ba
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

かつて常識として扱われてきた健康に関する知識がなくなってきている傾向にあるという。

 

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e5%b8%b8%e8%ad%98%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8a%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%9f%e7%8f%be%e4%bb%a3%e4%ba%ba

健康常識がなくなり始めた現代人

医療・健康領域を扱うキュレーションメディアなど情報サイトが乱立し、健康知識に関する情報がネット上に溢れているなか、正しい健康知識を選択して活用する能力が問われている。そんななか「日本健康マスター検定」を主催する日本健康生活推進協会は、「健康リテラシー」に関するアンケート調査を実施した。同調査では一般生活者約10000人を対象に、健康知識に対する日頃の情報収集・選択態度を判定する質問と、具体的な健康常識の正誤問題を出題。健康リテラシーと健康常識正答率の相関を調査した。

その結果、「有酸素運動は20分続けないと意味がない」(正答率43.8%)など、かつて常識として扱われてきた俗説に関する設問では、正答率が半分以下となった。

玉石混交の情報のなかから、正しいものを選び出すには、健康リテラシーの情報感度が高い人がしているように、さまざまな情報源に触れることがポイントだ。漢方デスクが女性に対して実施した調査によれば、身体に変化が起きたときの、「健康食品やサプリを摂取する」といった対応について、「インターネットなどの情報サイト」をきっかけとする人の割合が最も多く(39%)、情報サイトの影響力の大きさ及び、情報源の偏りがうかがえる。また、身体変化への対策に関して、実際に効果を実感している人が約半数程度であるにも関わらず、現在の対策を継続しようと考えている人は8割以上いることが判明した。

情報サイトに掲載されている情報が必ずしも信頼性の高いものとは限らず、少なくとも専門職の監修があるものを参考にすることをこころがけたい。また、体質や環境が人それぞれであることから、効果のある健康知識も人によって異なることもある。このため、情報を鵜呑みにするのではなく、自身の実感を重視する姿勢が大切だ。

 

情報をインターネットから得ることが当たり前となった現代では誤った情報も鵜呑みにしてしまいがちだ。健康に関する知識にも同じような傾向があり、本当に意味のある健康法なのかを個人で判断することは難しい。正しい健康法を従業員に普及させることは健康経営の重要な役割の一つだ。

引用元:http://www.zaikei.co.jp/article/20170111/346692.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …