ヘルスケアウェアラブル、続々健康経営へ

ヘルスケアウェアラブル、続々健康経営へ
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

ヘルスケアウェアラブルが徐々に普及が広がり始めた今、健康経営に向けた活用にも注目が集まっている。

 

ヘルスケアウェアラブル、続々健康経営へ

ヘルスケアウェアラブル、続々健康経営へ

身につけて使うウエアラブル端末をヘルスケア分野で活用しようとする動きが目立ってきた。企業が従業員の健康管理を効率的に行いたい需要などが背景にあり、IT企業や素材メーカーといった多様な事業者がビジネスの機会をうかがう。差別化には生体情報の測定精度向上や端末自体の使い勝手改善など、複合的な視点が求められる。並行して顧客開拓をどれだけ迅速に進められるかも試される。

医療用具の研究開発を手がけるライフケア技研(富山市)は発汗量の増加を推定するウエアラブル端末を開発中で、2018年春ごろの発売を見込む。吸着材にたまった汗の量を電極で検知し、推定につなげる仕組みだ。「今まで発汗量を測定するウエアラブル端末は見当たらなかった」(幹部)ため、競争優位確立につながると見ている。価格は2万円前後に設定する方針。
利用者は発汗センサーを脈拍センサーとともに前腕部に装着し、測定データはスマートフォンなどの携帯端末や無線通信網を経由して遠隔地のサーバーへ蓄積される。
同社はこれを、建設現場などの作業員の熱中症予防用途に提案する考え。ヒトは多量の発汗で脱水状態に陥り、その後は発汗量が減っていく。こうした変化をITで即時に把握できれば、作業員への休憩指示や管理者向けの注意喚起をしやすくなる。

ウエアラブル端末関連市場は、最終製品も要素技術も競争が激化している。各社は的確かつ迅速にマーケティングを進め、将来の優良顧客をどれだけ確保できるかが問われる。

 

引用元:https://newswitch.jp/p/7751

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …