チャットで健康相談、ニーズ高まる

チャットで健康相談、ニーズ高まる
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

IOTの普及に伴ってより効率的な労働環境改善に向けた取り組みが広がっているようだ。

 

チャットで健康相談、ニーズ高まる

チャットで健康相談、ニーズ高まる

従業員の健康と労働生産性における関係性が着目されたことで、企業の経営課題の1つとして健康経営の重要性が高まっている。その追い風となっているのが、2015年12月からスタートしたストレスチェック制度(改正労働安全衛生法)だ。これによって事業者は法的な側面からも、従業員の健康を考える必要が出てきた。近年ではこのようなニーズにこたえるべく、健康経営を促進するサービスが次々と登場している。法人向けヘルスケアプラットフォーム「Carely」もその一つだ。16年3月のサービス開始後、わずか3カ月でユーザー数が3500を突破。同年12月には利用企業数50社、ユーザー数1万アカウントに達し、その勢いは増すばかりだ。

Carelyは“オンライン保健室”をうたっており、従業員の健康相談にチャットで24時間応じる「Carelyチャット」と、健康診断・ストレスチェックの結果など従業員1人ひとりの健康情報を一元管理する「Carelyクラウド」がサービスの中心となる。規模の大きい企業であれば保健室に産業医や保健師を置くこともできるだろうが、中小企業は月に1度程度のペースで産業医を招くのが一般的。そこにビジネスチャンスを見出した。

「保健室を設けるほどコストをかけなくても、ICTの活用によって低コストで従業員の健康管理に力を入れられる点が、中小企業の方々に喜ばれているようです。手軽に健康相談が可能なことから、最近では大企業の方からもお声掛けをいただいています」

サービスを提供する株式会社iCARE代表取締役CEOの山田洋太氏はこのように話すが、そこでポイントとなるのが“チャット健康相談”の立ち位置だ。治療が必要な病気の人を”黒”、不必要な健康な人を”白”とした場合、健康経営ではその中間にあたる不健康な”グレー”ゾーンへのケアがニーズとして高まっているという。

 

引用元:http://hanjohanjo.jp/article/2017/02/16/7182.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s
ニュース
「岡山市ホワイトプラス企業表彰制度」今年度から

Pocket毎日健康経営ニュース    岡山市は11日、健康経営やワークライフバランスに関 …

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …