アクサ生命保険、福島県と提携協定

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

福島県とアクサ生命保険は5日、県民の健康増進に関する連携協定を結んだ。

 

アクサ生命保険

アクサ生命保険、福島県と提携協定

県とアクサ生命保険は5日、県民の健康増進に関する連携協定を結んだ。企業が従業員の健康を重要な経営資源と捉え健康づくりを後押しする「健康経営」の考え方を県内企業に普及させ、全国に誇れる健康長寿県の実現を目指す。18日に推進組織「ふくしま健民会議」(仮称)を設立し、官民を挙げて「健康経営」の実践に乗り出す。

アクサが自治体と連携協定を結ぶのは初めてで、中小企業の健康づくり支援に取り組んできたアクサのノウハウやネットワークを生かす。健康経営アドバイザーの資格を持つアクサ社員らを県内の中小企業に派遣し、健康づくりの取り組みを支援する。健康経営セミナーも開催する。
「ふくしま健民会議」は県や国、市町村、福島医大、商工団体、健診機関、協会けんぽ、アクサ、大塚製薬、福島民報社などで組織。全県下で従業員の健康に関する意識を高める。
少子高齢化に伴い労働人口の減少が懸念される中、従業員が健康で気持ちよく働ける環境を整えることが、結果として人材確保や労働生産性の向上につながるとされる。健康管理にコストや労力を掛けられない企業側、自分で健康づくりに取り組むのは難しい従業員側の双方にとって健康経営は利点がある。
協定締結式は県庁で行われ、内堀雅雄知事と幸本智彦副社長が協定書を交わした。内堀知事は「震災と原発事故を契機に県民の健康指標が悪化している」と指摘。幸本副社長は「企業と地域社会の活性化に貢献したい」と意欲を示した。

 

引用元:http://kenko-ka.com/wp-admin/post.php?post=3282&action=edit

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …