ミズノと神奈川県住宅供給公社、健康寿命延伸に向けた提携

7c07b02de35105b8e4b46cb76583aa44_s
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

平成29年6月19日(月)、神奈川県住宅供給公社とミズノ株式会社は、ヴィンテージ・ヴィラをはじめ公社賃貸住宅入居者における高齢世代の運動機能の維持・向上、また、介護を必要としない体づくりを目指していくための連携・協力に関する協定を締結いたしました。

■「生涯自立」を目指した「運動」プロジェクトが始動!
神奈川県住宅供給公社では、介護付有料老人ホーム ヴィンテージ・ヴィラの入居者が、“生涯にわたり食事・入浴・排泄に介助を必要としない状態であること”=「生涯自立」をコンセプトに掲げ、それを実現する3つのキーワード「食」「運動」「生きがい」の推進に取組んでいます。

これまでには、「食」への取組みとして神奈川県立保健福祉大学との連携協定を締結し、また、「生きがい」への取組みとしては、入居者130名による“歌とアートの発表会”を開催し、多くの注目を集めてきました。

今回は「運動」への取組みの第一弾として「歩数」と「活動強度」に着目した新しいウォーキングを導入。歩くことにより「寝たきり」「うつ病」「認知症」を予防して入居者の健康寿命を延伸するプロジェクトに着手します。

このプロジェクトは、これまで競技スポーツの振興を111年担ってきたスポーツメーカーであるミズノと連携協定を締結し、15年以上にわたり約5,000人の高齢者を継続調査研究してきた青柳 幸利博士(東京都健康長寿医療センター)の理論を活用して、ヴィンテージ・ヴィラをはじめ公社賃貸住宅入居者における高齢世代の運動機能の維持・向上、また、介護を必要としない体づくりを目指していくものとなります。

 

引用元:http://www.zaikei.co.jp/releases/492589/

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …