大日本住友製薬、健康経営に新薬開発の手法を応用

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

 大日本住友製薬は、新薬開発のノウハウを生かして従業員の健康増進を支援する取り組みを始めた。「治験」の手法を応用し、参加者を専門家の指導を受けるグループと、受けないグループに分けて分析することで効果を科学的に検証。心身両面から従業員の健康管理に貢献し、仕事の生産性も向上させる「健康経営」を推し進める。(安田奈緒美)

 

■グループ別に分析

 取り組みは社員200人を対象に、4月にスタート。スマートフォンの専用アプリで、1日の食事や運動量、血圧などを記録し、分析している。

 

 この中で、参加者を管理栄養士や臨床心理士からアドバイスを受ける「介入群」と、自己管理する「非介入群」などのグループに分け、半年かけて聞き取り調査などを実施。それぞれの健康状態や労働生産性の改善に差が出るかどうかを客観的に調べ、今後の健康管理に役立てていく。

 

 グループ別に分析する手法は、新薬の効果や副作用を検証する治験で広く実施されている。同社の横田京一IT&デジタル革新推進部長は「健康意識の高まりと生産性向上の相関関係について明らかにし、結果次第ではほかの社員への導入も検討したい」と話している。

 

引用元:http://www.sankei.com/west/news/170829/wst1708290010-n1.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …