会社の支援不十分…部課長クラスの9割不満

9258f936595f11e5a8e5851081290717_s
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

 働き方改革に対する会社のサポートが不十分だと部課長クラスの91.8%が感じている--。働き方の見直しを啓発しているNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京)の調査でこんな結果が出た。69.5%が部下の管理でストレスを抱えていることも判明。中間管理職が働き方改革の推進を任され、苦悩している姿が浮かんだ。

 

 調査は8月にインターネットで実施。従業員50人以上の企業の部課長クラス約1000人が回答した。

 

 企業の65%近くが年次有給休暇の取得促進と残業時間の削減に取り組んでいる。一方、中間管理職の立場では推進が難しい項目(複数回答)に、38.4%が「業務の削減」、26.9%がテレワークや在宅勤務といった「柔軟な働き方のための制度利用促進」を挙げた。

 

 会社のサポートが「十分にある」が8.1%にとどまるのに対し「あるが足りていない」は49.1%、「ほとんどない」は34.3%、「全くない」は8.4%だった。

 

 必要とする会社のサポート(複数回答)は「業務の削減」が51.5%と突出している。「管理職へのマネジメント研修」(36.4%)や「会社全体の方針の明文化」(30.6%)も多かった。

 

 ファザーリング・ジャパンには「業務が減らない」「部下は帰すが自分が残業している」といった声が寄せられている。安藤哲也代表理事は「企業は働き方改革の号令を掛けるだけで現場に丸投げするのではなく、トップが経営方針として打ち出し、具体的で適切なサポートをすることが大事だ」と指摘している。(共同)

 

引用元:https://mainichi.jp/articles/20171106/k00/00m/040/092000c

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4969ba841a8b94fb29aeb69f4f5e2fb1_s
ソリューション
大京グループ、11月より「大京健康プログラム2018」始動

Pocket大京グループは、11月1日(水)より、社員の健康維持・増進への取り組み「大京健康プログラ …

e93c5d771e92af3f27682ce075b863e5_s
ニュース
高プロ・裁量労働制に警鐘「過労死増える」

Pocket 働き方改革関連法案の提出は先送りされたが、政府は来年の通常国会での成立を目指す構えだ。 …

cb0d2989095c35eaf071b90a4247158f_s
ニュース
秋田銀、「健康経営」企業の金利を優遇

Pocket 秋田銀行は23日、全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部が認定した「健康経営宣言」事業 …