袋井市がアプリ「ウオーク」開発

ソリューション
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

 袋井市は、歩くことを基本にスマートフォンなどで手軽に利用できる健康アプリ「#2961(ふくろい)ウオーク」を開発し、二月十八日から運用を始める。市内の五十代以上の糖尿病発症率が男女ともに県平均を上回っていることから、働き盛りを中心に市民の健康増進や市内企業・事業所の健康経営を支援する。

 

 登録用のQRコードからアプリをダウンロードして立ち上げると、スマホ内蔵機能によって自動的に一日の歩数をカウントし、データが市の管理サーバーに蓄積される仕組み。登録すれば、企業・事業所の健康管理部門などが従業員の歩数を確認でき、把握している健診データなどを活用して適切な健康指導をしたり、職場内、グループ単位で歩数を競い合ったりすることができる。

 

 このほか、自分で立てた運動や食事に関する目標の達成状況などが分かる自己管理のページや、市内二十八カ所のウオーキングコースを紹介する機能などもある。また、四月からは歩数によって健康ポイントがたまり、市内の飲食店や公共施設などのクーポン券と交換することができる。

 

 原田英之市長は「職場などの健康管理をサポートすることで、市民全体の健康につなげていきたい」と話した。問い合わせは、市健康づくり課=電0538(84)6127=へ。

 

引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20180131/CK2018013102000018.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ソリューション
私と健康経営(サラド運営 細井優)

Pocket 私と健康経営(サラド運営 細井優) 健康経営 May 24, 2018 By 細波恭輔 …

ソリューション
IT系の中小企業が健康経営に大きく舵をきる理由

Pocketはじめに 株式会社Phone Appliでは2018年4月にCHO室を発足させ代表取締役 …

ソリューション
健康経営をサポート!オフィスワーカーの健康を考えるウェブマガジン 「Veginess Worker」がリリース

Pocketオフィスワーカーと企業の健康を促すオフィス向け野菜提供サービス 「OFFICE DE Y …