弁当「スマート和食」活用 社員の健康づくり

5ff482daef046ff0cc81b9336d9927b2_s
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

 従業員の健康づくりを企業が進める「健康経営」の推進に取り組む県の支援を受け、燃料小売業の須賀川瓦斯(須賀川市)は9日、健康に配慮した弁当「スマート和食」を活用するプログラムを始めた。社員らがセミナーなどを通して太りにくい食事の取り方を学ぶ。

 

 同社は、高血圧に悩む社員がいることから、働き方改革の一環として社員の健康づくりに取り組んでいる。

 

 プログラムには健康関連企業の花王が考案した「働き盛りのスマート給食プログラム」を採用。

 

 社員らには内臓脂肪を測定した上で、3カ月間「スマート和食」を昼食に食べてもらい、内臓脂肪の変化を検証していく。昼食は10日から提供される。

 

 初日は県労働保健センターの職員が社員54人の内臓脂肪を測定した。花王の森本聡尚さんが測定データを踏まえて、太りにくい食事の取り方を話し「内臓脂肪は健康のバロメーター」と解説した。

 

 プログラムに参加する須賀川瓦斯の高橋知佳子さん(31)は「自分のことを知るきっかけになる」と話した。

 

 同社は併せて血圧や歩行距離の測定などを通して、健康増進に努めた社員を表彰する予定。

 

引用元:http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180110-234016.php

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0a9cc1aa8949333caee8e2fe73d2928a_s
ニュース
岩手県、働き方改革まだまだ

Pocket 県経営者協会(佐藤安紀会長)は、東北の2017年度の雇用動向調査結果を公表し、働き方改 …

eb6def074b184a5d9fe31c752b9c5e12_s
ニュース
首相「働き方改革国会」と命名 長時間労働見直しに意欲

Pocket 安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市で年頭記者会見に臨み、憲法改正に向けた国会での論議加速 …

f7448c93b3a696fae9216c98b4e6888e_s
ニュース
健康経営の効果測定

Pocket 富士通は東京大学と連携し、企業の健康経営の効果を測定・予測するシステムを開発する。IC …